神の化身である少女は広場に面した館にて。雑踏の砂埃は、太陽の光に反射して。
陽の少ない日の夕暮れは、冷水しか出ないシャワーはよして明日の天気、晴れろと願う。
毎日きまってやるべきことなんて、本当に必要なのだろうか?と問いたくなる。
信じる神のご加護の下で。猿も樹も金も情も。マイルドな街をいく。

→ Machi Machi topへ