宗教空間
religious site

ここでは、ウィキペディアで見つけた面白いくくり「宗教空間」で記してみたい。
それによると、「世界三大宗教空間」とは、

●ローマのサンピエトロ大聖堂(カトリック教会)
●アテネのパルテノン神殿(ギリシア神話)
●奈良の法隆寺(日本仏教)

となっている。

サンピエトロ大聖堂については、言わずと知れたローマ教皇のいる場所で、カトリックの総本山。パルテノン神殿は、世界遺産を選ぶユネスコの、そのロゴのモチーフにまでなっている有名な遺跡で、法隆寺は現存する世界最古の木造建築。

イスラム教については、礼拝所としてモスクが存在するが、あくまでも偶像崇拝がなくデータ(数値)でなにかしらの比較はできない。一応、三大聖地としてメッカ、メディナ、エルサレムがある。ちなみに、日本の聖地としては比叡山、高野山、身延山といわることもある。さらにいえばヒンズー三大聖地はアラハバード、ヴァナラシ、ガヤ。

とはいえ、宗教は「自分自身」と同じ「点」に存在する対物距離のないものであって、
人為的に作り出した空間いかんでどうかわるものでもないということからみても、
データは存在しないのだが。つまりは、ひとつの、遺産として考えればよいのか、と。



「世界観光データバンク」(トラベルジャーナル)によると、
宗教関連で様々なデータが記されているので参照までに。


Perfectos data

・世界三大仏教遺跡:「アンコールワット」「ボロブドゥール」「パガン」
・キリスト教三大巡礼地:「エルサレム」「ローマ」「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」
・フランス三大聖堂:「シャルトル大聖堂」「ランス大聖堂」「アミアン大聖堂」
・スペイン三大寺院:「トレド大聖堂」「ブルゴス大聖堂」「レオン大聖堂」
・タイ三大名刹:「ワット・プラケオ」「ワット・プラマハタート」「ワット・スアン・ドーク」
・中国三大石窟(寺院):「雲崗石窟」「龍門石窟」「莫高窟」
・ラサ三大寺院(チベット):「色拉寺(セラ)」「甘丹寺(ガンデン)」「別蚌寺(レボン)」
・韓国三大名刹:「海印寺」「松広寺」「通度寺」
・北米カトリック三大巡礼地:「サンタンヌ・ド・ボープレ聖堂」「聖ジョセフ聖堂」「キャップ・ド・ラ・マドレーヌ」
・インド四大仏跡:「サールナート」「ボードガヤ」「クシナガル」「ルンビニ」
・中国四大霊場:「我眉山」「五台山」「九華山」「普陀山」
・中国四大叢林:「天台山国清寺」「南京棲霞寺」「霊岩寺」「玉泉寺」

Perfectosへ


教会、寺院、モスク。
世界三大宗教とされるキリスト教、仏教、イスラム教には「それぞれ」の空間が存在する。信仰の空間と呼んでもいい。そんな空間を広さ(面積)や高さなんかで測ってもしかたがない。もっと言えば、古さなんてはかりようがない。まだ見つかっていないだけかも知れないからである。