「ぶっつけ本番の猛威」

東日本大震災以降、息子の通う小学校では毎年、避難訓練に合わせて、生徒の引き渡し訓練も行われます。それが今日でした。

それに先駆け、区の「緊急連絡メール」も登録していて、昨日、「近所に不審者が出た」という一報が来ました。「ん?これは、訓練?」なんて思ったりもしたのですが、前日にそんなの来るはずもないので、「本物」でした。

そして、引き渡し訓練当日の今日。長野県で震度5弱の大きな揺れがあって、スマホには緊急地震速報が来ました。ほぼ同時に、校内では「東海エリアで地震が発生しました。緊急の職員会議を行います」なんて放送があったらしく、「え?長野は、東海エリア?」と一瞬思って、いやいや、これは訓練か、と。

訓練と本物。この違いが曖昧になるほど、頻発する事件や災害に、なんとも言えない現在を思ったりしてみるのですが。

マンションを購入する時、耐震と免震の構造をいろいろ聞いて、ふんふん、なるほど、なんて思った私も、住んで5年もすると、はて、自分のマンションは、どうだっけかな?と思うほど無頓着になっているところが怖くもあります。

あるハウスメーカーさんが、「うちの建物は構造がしっかりしていて、地震にも強いです」と謳い、見てくれという写真には、東日本大震災で津波に襲われた東北の写真。そこには一軒だけ残っている家があって、「これがうちの工務店が建てたものです」と言われました。

なるほど、しっかりしている。が、、、だから安心、とならなかったのは、「一軒だけ残っても」という気持ちでした。私たちが住んでいるのは、「家」かも知れませんが、暮らしているのは「地域」で、その地域が壊滅的被害に遭えば暮らしてはいけないよな、というぼんやりとしたモヤモヤ。

自然の脅威に真正面から立ち向かっても勝てません。その脅威をどう乗り切り、その後をどうやって暮らしていくか。

東北でも熊本でも、被災地が元通りの暮らしを取り戻すには、ハード面だけではなくソフト面、メンタルの問題がとにかく大きいと言います。

メンタルを支える「地域」の力。小学校を中心に、避難所となり、支援物資が集まり、ひとり一人がお互いを見合える「余裕」。その余裕こそが「力」だと私は思います。

そしたら、その余裕とは、どこから来るんだろうと想像してみます。

例えば、ひとり一人が暮らす家。その構造がそれぞれにしっかりしていて、そこに家族分の備蓄が1日分でもあれば。地域の避難所に物資が届くまでは、なんとなります。

ひとり一人が、その1日分を持っていれば、翌日になって避難所に行っても「余裕」が持てます。その余裕を持って行くのと、そうではないのを考えと、やっぱり個々の備えは大事だな、と思います。

マンションや会社など、何かしらの「団体」にいると、それぞれに非常食などの備えがある(ように思えます)。だから、いいっか、と自分の家には何一つ備えがない、なんて人もいると思います。

その根底には、家族分だけあっても、とか、1日分だけあっても、なんてことがあるかも知れません。

が、その家族分が、その1日分が、もたらす「余裕」が集まれば、地域の余裕に大きな差が出てきます。

ぶっつけ本番の自然の猛威。そこから命を守るのは、例えば運かも知れません。が、せっかく運よく守れた命を繋いで暮らしてゆくには、やっぱり備えなんだな、と思います。

家に住む。地域に暮らす。国に生きる。

範囲が広くなるにつれ、「やってもらえたら、うれしい」という気持ちが、「やってもらいたい」となって、「やってくれてもいいじゃないか」という風になります。そして「やってくれないから、最悪だ」という考えにいたる頃には、もう根本がぐらぐらと揺らいでいる状態になります。

ひとり一人が備えの気持ちを持って「やる」。やってもらえるまでに「やる」こと。つまりひとり一人が助かろうとすること。

そうすると、全体に備えのレベルが上がって、そこに暮らす人達へ声をかける余裕が出来、結果、みんなで助け合えるという好循環が生まれると思います。

結局のところ、〈避難訓練〉や〈家族分だけの1日分の備蓄〉は、無駄だし、無力だと感じつつも、しっかりやっていれば、無意味ではない、というか。

一軒だけ残った家の写真を見たモヤモヤ。わが家に1日分の備えもない危機感の無さ。どこかで、やってもらえると思っているのだと反省し、やることを誓いつつ、今日の訓練を無事終えました。


 2018年5月12日

※過去の日記はこちらへ 
※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) 2003〜2018 Shogo Suzuki. All Rights Reserved.




.
■2018年3月4日更新
Scenic Spot
「スカイデッキ」追加
atelier
「レアンドロ・エルリッヒ展」追加

↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック

■2018年3月11日更新
atelier
「Art in HOTEL TOKYO」を追加
Report
「東京タワートップデッキ」追加
■2018年3月25日更新
sekai-MESHI
「Union Square Tokyo」を追加
Hot Times
「卒園式」を追加
■2018年4月1日更新
Scenic Spot
「目黒川(桜)」追加
Report
「京浜島のお花見&飛行機」追加
■2018年5月12日更新
SHI-shu
「連打する」追加
NaRaDeWa
「古民家ランチ」追加
■2018年4月8日更新
Hot Times
「入学式」追加
CinemaS
「リメンバー・ミー」追加
■2018年4月15日更新
atelier
「名作誕生展」追加
Tabi-Dana
「旅に持ってく本」追加

スターフライヤー空間へ
@有楽町にて

■2018年4月22日更新
Hot Times
「ハンバーガーラブ」追加
words
「ショールーミング」追加
■2018年5月1日更新
Report
「壺屋やちむん通り」追加
Scenic Spot
「ブセナリゾート」追加
■2018年5月6日更新
Report
「ラフォルジュルネ」追加
Scenic Spot
「柏スタジアム」を追加
■2018年3月18日更新
words
「つもり十訓」を追加
Scenic Spot
「国立競技場定点撮影」追加