「大前提」

冷たい雨、もしくは切るように風、そしてちらつく雪(積雪の予報)。かと思うと、コートを脱いでしまうほどの暖かさ。東京にいると、「私」個人の温度調節は、自分の着るモノひとつでどうにかなる、というものでもないので困ります。

たくさんの人と、同じ空間で移動したり留まったりするからです。オフィス、電車、店内などなどの空調は、何かを基準にして調節されるわけで、その何か、と、私、の乖離に快適さはほど遠いと感じることも多いわけです。

家から駅までは厚着したいけど、電車の中は暑くなるし、地下道もしかり、です。脱ぎ着すればいいじゃないか。というわけにもいかないのが、東京の朝・夕の電車のぎゅうぎゅう詰めで、もう慣れましたけど、ふと、客観的に「詰め込まれた」自分を想像して【搬送】という文字が浮かんだりします。

運んで送られる自分という荷物。飛躍してそう感じてしまう訳です。送られる先が、変更する、配置転換・転勤の時期を迎えようとしていますね。去年は引っ越し難民なる言葉が叫ばれるなど、できるだけ安く引っ越したいと願うどころではない不足があったようです。

今年は、対策が練られて、そういうこともないだろう、という予測ですが、需要の一極集中に対する提供の難しさが露呈しましたよね。ある点で線を引く。ヤマト運輸がそんな対応をして、結果、利益が上がり、働く人からも過酷な状況が薄れたと聞きます。

サバティカル休暇とまではいかなくても、働き改革の一環で、休み方が大きく変わろうとしている日本。がつがつ働いてGDPがどれだけ上がったとか、とにかく造れ、造れ、で売りまくれ、というステージからは、完全に移行したようですね。

今年は、休日が多くなります。それも連休が増えることもあって、じーっとしているのもなんだかな、とそわそわしてしまう私は、実は、夏までの予定を着々と埋めつつあります。日本人が最も苦手と(言われている)先の休暇取得、早期の各種申込み。

私は、自分のスマホのカレンダーで、「ここを休む」と決めて背景を赤色にし、その日に向けていろんな予約を進めています。その赤色になっていないところで、仕事をする。そういう働き方に・・・と、ここで、思うのは、そういう働き方に「変えた」訳ではないということです。

私は、たぶん、ずっとそうやって休みを取ってきたし、早め早めに飛行機やホテル、各種チケットを押えてきたし、「それ以外」の所で仕事をしてきました。

それが、特殊だったからこそ、早くに申し込めば、何の苦労をすることもなかったのですが、働き方改革の影響なのか?ゴールデンウィークの予約は、本当にみなさんお早いです。結果、私は「いつもどおり」の感覚で予約を取ろうとすると、ソールドアウト、フルブックという壁にぶち当たってます。

だからといって、もっと早く!とか、より安いところ!というのを楽しめた年齢はとっくに超えていることもあり、家族3人で、さぁ、何をするのが一番楽しめるかな、と思いつつ休日・休暇の予定を決めています。

サッカー三昧の息子リクエストで、FC東京のホーム開幕戦に行き、日産スタジアムで行われる日本代表の対コロンビア戦のチケットも取りました。その息子は、興味あるかな?とおもいつつも、飯能にオープンするムーミンバレーパーク(R)にも行くつもりです。

春の花見は、本当は滋賀の山奥にあるMIHO MUSEUMに行きたいのですが、ちょっと遠すぎるので近場の関東エリアで探しています。名もない川沿いを愛でつつ歩こうか、それとも祖師谷、砧、等々力あたりで済まそうか。そんなことを思いながら、、、

梅がきれいに咲いてますね。近所の公園では赤に近いピンクの花が咲いて、それだけで気分が上がります。雪と梅。毎年のようにこのコンビを愛でるのも、それはそれでいいものです。

井の中の蛙は大海を知らず、されど青い空を見上げることはできる。この春待つ時期に、どんな状況に置かれている人にも同じ空を見上げ、春を待つ気分でいてもらいたいものだと切に願うような事件が多いです。

何かの問題が起こる。と、それに対応する箇所(人)をつくる。そうなると、そこにばかり、それに関しては集まって、それ以外の個所(人)には、まるで管轄外になってしまう。

年間8万人以上の虐待児童に対する児童相談所。一人の尊い命が奪われると、児童相談所を主語にして、不手際の連続などと書かれてしまう現状。

昔、ビートたけしさんがテレビで「優先席なんてあるからダメなんだ」というようなことを言っていたのを思い出します。優先的に席に座ってもらった方がいい人がいたら、どこの席だって「どうぞ」と譲ってあげる。その大前提なしに、「優先席だけ論」になると、なんともばつの悪いことが多くなってしまいます。

混んでても優先席だけ空いていたり(座りにくい)、逆に優先席にふんぞり返っている人に、なんだあいつ、と思ったり。

児童相談所は、相談するところであることを確立させて、対処する、対応にあたるのは、周りの人(親戚・地域住人)、学校、警察などの「みんな」であれば、S.O.S.に対して、素早く正しい方法(を提案するのが相談所)で、手を差し伸べてあげられるのに、と思います。

一つのルールを作った瞬間に、そのルールを守るためのルールが出来て、そんなルールに縛られて、結局、何のルールだったのかぐちゃぐちゃになって非効率になります。そんな例をいっぱいを知っているだけに、大前提というのを常に忘れたくないものです。

とてもシンプルで、分かりやすいもの(スローガン)に向かって、そのための細かいプランを決めていくというのが企業のやり方だとは知りつつも、その企業で日々の業務をこなしていると、目先のこんがらがったルールや慣習に飲み込まれちゃいますよね。

どうしたもんだか。私が生きていく上で、すべての瞬間に大前提があり、結論に至るまでの最初の最初、根源的なもの。それはもはや、生きていく上で、というより生きることそのものかもしれません。生きる上での今日、明日。10年後、20年後と伸びていって、再び、今。

坂本龍一は言います。自分の人生だけのスパンではなく、子供、孫の顔を見ながら、その孫の人生の長さまで想像を延ばせば、今、やることは変わってくる(というようなこと)を。

梅が咲いて、今度は桜です。満開の桜と薄いブルーの綺麗な空を、ちゃんと見上げられることができますように。そのための、今日です。息子は、土曜授業です。「日直だから見に来て」と言われたので行きました。見に来るな、と言われるまで、見に行くぞ、と夫婦で決めた次第です。


 2019年2月2日

※過去の日記はこちらへ 
※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) 2003〜2019 Shogo Suzuki. All Rights Reserved.




.
■2019年2月9日更新
sekai-MESHI
「チリンギート エスクリバ」追加
Hot Times
「YAKINIKU」
■2018年11月25日更新
Hot Times
「誕生日3」を追加
words
「概日リズム」追加
■2018年12月15日更新
Report
「TOKYO GLOBAL GATEWAY」
Scenic Spot
「箱根ロープウェイ、ぼんやり富士」
■2018年12月22日更新
Scenic Spot
「銀座ソニーパーク」追加
sekai-MESHI
「NAMIKI667」追加
■2019年2月2日更新
Tabi-Photo
「マチマチ・香港」
Report
「増上寺 節分追儺式(豆まき)」
■2018年12月28日更新
Hot Times
「クリスマスin浅草、浅草寺」
atelier
「ムンク展」を追加
■2019年1月6日更新
Report
「崇仁新町(京都の屋台村)」
Scenic Spot
「笹塚ボウル」

チョコはLOVEですか?
@新宿

↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック

■2019年1月13日更新
Report
「全国高校サッカー」追加
Tabi-Photo
「マチマチ・シンガポール」
■2018年1月20日更新
Tabi-Photo
「マチマチ・メルボルン」
旅の本棚
「アマン伝説」などを追加
■2019年1月26日更新
CinemaS
「バスキア、10代最後のとき」
Report
「多摩六都科学館」
■2018年12月1日更新
SHI-shu
「守られたい」を追加
旅の本棚
「国宝」などを追加
■2018年12月8日更新
Report
「旅館探訪〈雪月花〉箱根」
Scenic Spot
「彫刻の森美術館」追加

.